本音のおはなし

ぜんぶほんね。だけど気取った感じでイキって書いてるからとてもとても痛い。何らかの出来事で死んでしまった時、自死を選んだ時のために気持ちを残しているよ。生きていたという事実は残ってもぼくが頑張って生きていた、なんていう事実は残らないから。だからぼくはここに書き残すよ。ps. 最近学校にいるときだけはしあわせだから自死を選びたいとは思わなくなってきたよ
ぜんぶほんね。だけど気取った感じでイキって書いてるからとてもとても痛い。何らかの出来事で死んでしまった時、自死を選んだ時のために気持ちを残しているよ。生きていたという事実は残ってもぼくが頑張って生きていた、なんていう事実は残らないから。だからぼくはここに書き残すよ。

ps. 最近学校にいるときだけはしあわせだから自死を選びたいとは思わなくなってきたよ
幼稚園の頃からちょっと前まで、死にたいきもちには明確な理由があった。それもとても簡単で小さな理由。死ぬのだって怖かった。
だけど最近は理由もなく死にたくなってしまう。死ぬのも怖くなくなった。

毎日しにたい、と感じるような出来事がある。
些細なことでもしにたくなってしまう。
というかもう『しにたい』と感じてしまうこと自体がすごく苦痛。
こんに毎日辛いならもういっそ死んでしまいたい、そう思う。
一時の苦しみで12年以上の苦しみや辛さ、苦痛から開放されるのだから。

ぼくもうこわくないよ
いつでも飛べるよしねるよ
もういやだよ、つらいよ、たすけてよ、
相談したのに助けて貰えなかった、もういやだ
たすけてっていったのに、

所詮ぼくは誰からも必要とされていないごみみたいな人間だったんだろうな、って思う

僕のこだわりや価値観、性格、これらがあると社会に適合なんてできません。したいと思っても辛いだけ。なら来世に期待してしぬしか、笑
もうほんとうにつらいです
くずでごめんねありがとう

name
email
url
comment